メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米補佐官更迭

相次ぐ高官交代、日本政府も困惑

 日本政府は、米国の国家安全保障問題担当のマクマスター補佐官が更迭されたことを受け、北朝鮮対応などに影響が及ばないか注視する方針だ。安倍晋三首相は4月初旬にも訪米してトランプ大統領と会談する予定。その直前に米高官が相次いで交代する異例の事態には「不安になる」(防衛省幹部)と困惑がのぞいた。

 米政権は13日にティラーソン国務長官を解任し、後任のポンペオ米中央情報局(CIA)長官はまだ正式に就任していない。首相は23日、小野寺五典防衛…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 男子SPは羽生が貫禄の首位発進 フィギュアNHK杯

  5. 桜を見る会「私物化」前夜祭は「公職選挙法違反疑惑」など 野党4党が追及点五つを整理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです