メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リコー

減損処理1800億円 米国の販売不振で

過去最大の最終赤字に「社員と株主に申し訳ない」と語るリコーの山下良則社長=東京都千代田区で2018年3月23日午後4時3分、古屋敷尚子撮影

 リコーは23日、北米の販売子会社の事業の価値などを低く見直すなど計1800億円の減損処理を実施すると発表した。米国の販売不振などにより、予想した収益が見込めなくなったためだ。本業のもうけを示す2018年3月期の連結営業損益は、200億円の黒字予想から過去最大の1600億円の赤字(前期は338億円の黒字)となる見通し。

 この日、東京都内で記者会見した山下良則社長は「こんなに早くプリンティング(印刷)事業の価値が落ち込むとは思わなかった。深刻に受け止めている」と厳しい表情で語った。連結最終(当期)損益の見通しも、従来予想のゼロから過去最悪の1700億円の赤字へ下方修正した。

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです