メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リコー

減損処理1800億円 米国の販売不振で

過去最大の最終赤字に「社員と株主に申し訳ない」と語るリコーの山下良則社長=東京都千代田区で2018年3月23日午後4時3分、古屋敷尚子撮影

 リコーは23日、北米の販売子会社の事業の価値などを低く見直すなど計1800億円の減損処理を実施すると発表した。米国の販売不振などにより、予想した収益が見込めなくなったためだ。本業のもうけを示す2018年3月期の連結営業損益は、200億円の黒字予想から過去最大の1600億円の赤字(前期は338億円の黒字)となる見通し。

 この日、東京都内で記者会見した山下良則社長は「こんなに早くプリンティング(印刷)事業の価値が落ち込…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです