メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リコー

減損処理1800億円 米国の販売不振で

過去最大の最終赤字に「社員と株主に申し訳ない」と語るリコーの山下良則社長=東京都千代田区で2018年3月23日午後4時3分、古屋敷尚子撮影

 リコーは23日、北米の販売子会社の事業の価値などを低く見直すなど計1800億円の減損処理を実施すると発表した。米国の販売不振などにより、予想した収益が見込めなくなったためだ。本業のもうけを示す2018年3月期の連結営業損益は、200億円の黒字予想から過去最大の1600億円の赤字(前期は338億円の黒字)となる見通し。

 この日、東京都内で記者会見した山下良則社長は「こんなに早くプリンティング(印刷)事業の価値が落ち込…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文861文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
  5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです