メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フランス

スーパー立てこもり2人死亡 テロで捜査

カルカッソンヌとトレブの位置

 フランス南部トレブで23日、スーパーマーケットに武装した男1人が押し入り、発砲して複数の人質をとり立てこもった。仏内務省によると2人が撃たれて死亡し、3人が負傷した。フィリップ首相は「テロ行為」と断定し、コロン内相を現地に派遣した。

 BFMテレビなどによると、容疑者は過激派組織「イスラム国」(IS)の「戦士」と主張し、ISが犯行声明を出し130…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  4. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

  5. 新型コロナの感染 「北半球で重大な岐路に」 WHO事務局長が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです