メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏立てこもり

内務省「警官隊が突入、容疑者を殺害」

カルカッソンヌとトレブの位置

3人殺害、2人負傷 仏大統領は事件は「テロ」との見方

 仏主要メディアによると、フランス南部カルカッソンヌと周辺地域で23日、男が3カ所で発砲して3人を殺害し2人を負傷させた。男は過激派組織「イスラム国」(IS)の戦士を名乗ってスーパーマーケットに人質をとって立てこもり、ISが犯行声明を出し130人が死亡した2015年パリ同時多発テロ実行犯のサラ・アブデスラム被告の釈放を要求した。数時間後に警官隊が突入。男を射殺したとコロン内相が明らかにした。

 マクロン仏大統領は事件は「テロ」との見方を示した。ロイター通信によると、ISは23日の攻撃の犯行声…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです