メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

閉校式

「ありがとう」椅子と心運ぶパレード 中野十中

閉校式を終え、第三中学校へ向けてそれぞれの椅子を持ってパレードする第十中学校の生徒たち=東京都中野区で2018年3月23日午後1時2分、手塚耕一郎撮影

 今学期限りで統合される東京都中野区の第十中学校(弓田豊校長、生徒96人)と第三中学校(齊藤久校長、生徒130人)で23日、それぞれ閉校式が行われた。十中では1、2年生が教室で使う椅子を持って、新しいまなびやとなる三中(新・中野東中学校)まで約1.6キロをパレードした。

 十中は1954年創立。当時も仮の校舎から新校舎まで、生徒が自分たちで椅子を運んだ歴史がある。2006年度には新入生が18人と最少に落ち込み、存続の危機に直面した。当時の原美津子校長が「とにかく学校を知ってもらおう」と学校を覆っていたフェンスを取り除いたり、生徒たちの…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文674文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  4. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです