特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

選抜高校野球

冷静に決勝スクイズ 聖光学院・横堀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【聖光学院-東筑】九回表聖光学院1死二、三塁、横堀が適時内野安打となるセーフティースクイズを決める=阪神甲子園球場で2018年3月23日、猪飼健史撮影 拡大
【聖光学院-東筑】九回表聖光学院1死二、三塁、横堀が適時内野安打となるセーフティースクイズを決める=阪神甲子園球場で2018年3月23日、猪飼健史撮影

 ○聖光学院(福島)5-3東筑(福岡)●(1回戦・23日)

 同点の九回1死二、三塁。聖光学院の2番・横堀は打席に入る前、斎藤監督にセーフティースクイズの可能性を告げられた。「心の準備はできていた」と冷静だった。一方、味方の失策でピンチが広がっていた東筑のエース・石田は「余裕がなかった」。対照的だった。捕手・北村は外角を要求したが、少し内へ。「一塁側に転がせば三塁走者を還せる」と横堀は狙い通り、決勝のスクイズを決めてみせ、敵失も誘って2点を奪った。

 伝統的に手堅い野球を身上としてきた聖光学院だが、昨夏の甲子園ベスト16、昨秋の東北大会初優勝はいずれも打ち勝って成し遂げた。昨秋の公式戦のチーム打率3割8分9厘は出場校中4位で、例年になく厚みのある打線でセンバツに臨んでいた。しかし、この日は六回以降、3人ずつで攻撃が終わり、思うような流れを作れていなかった。

 斎藤監督は八回から考えを変えていた。「本来の聖光の堅い野球をやる」。強攻したい気持ちを抑え、バントで好機を広げる作戦に切り替えると、九回1死一塁、田野のセーフティーバントが敵失を誘って二、三塁となり、勝ち越しの舞台を整えていた。

 決勝スクイズを決めた横堀は昨秋はチーム一の打率5割超をマークしていたが、「(強打より)つながりのチーム。自分たちの野球ができた」と自負する。小技という伝家の宝刀が大舞台で生きた。【佐野優】

関連記事

あわせて読みたい