特集

第94回センバツ高校野球

2022年に開催される第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会もライブ配信します。

特集一覧

選抜高校野球

「必ず戻ってくる」英明・黒河

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【国学院栃木-英明】三回表国学院栃木2死一、二塁、毛塚に右中間2点三塁打を許し、打球の行方を見る黒河=阪神甲子園球場で2018年3月23日、久保玲撮影 拡大
【国学院栃木-英明】三回表国学院栃木2死一、二塁、毛塚に右中間2点三塁打を許し、打球の行方を見る黒河=阪神甲子園球場で2018年3月23日、久保玲撮影

 ○国学院栃木(栃木)3-2英明(香川)●(1回戦・23日)

英明・黒河竜司投手(2年)

 足を胸の高さまで上げる独特のフォームから意志のこもった直球を4球続けた。八回、国学院栃木の5番・毛塚との対戦。三回に2点三塁打を浴びた相手を内角低めで見逃し三振に仕留めた。「強い気持ちで投げ続けた」

 立ち上がりはその強気が空回りした。制球が甘くなって3回3失点。ただ、点差が開いたことで頭が冷えた。リリースの瞬間まで力を入れることを意識すると、直球やフォークが低めに集まり、五回以降は被安打1と立ち直った。

 下級生ながら全8試合を一人で投げ抜いた昨秋に続き、この日も最後までマウンドに立った。3投手で継投してきた相手とは対照的だが、「ずっと一人で投げてきたので楽しい。やりがいがある」と喜びを感じる。

 大会前、センバツ初勝利が懸かることを聞かれ「プレッシャーがかかる」と照れ笑いしていた。だが、この日の試合後は引き締まった表情で言った。「甲子園に忘れ物をしてきたので必ず戻ってきたい」。あどけなさは消え、エースらしい顔つきになっていた。【安田光高】

関連記事

あわせて読みたい