特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

選抜高校野球

「選手宣誓で成長、試合集中」瀬戸内・新保

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【明秀日立-瀬戸内】四回裏瀬戸内2死二塁、新保が中堅左へ適時二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月23日、久保玲撮影 拡大
【明秀日立-瀬戸内】四回裏瀬戸内2死二塁、新保が中堅左へ適時二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月23日、久保玲撮影

 ○明秀日立(茨城)4-3瀬戸内(広島)●(1回戦・23日)

瀬戸内・新保利於(しんぽ・りお)遊撃手(3年)

 同点のホームは遠かった。九回2死三塁で4番・門叶の二塁後方への飛球で本塁を踏んだが、二塁手の捕球を確認すると、両手を両膝に突いて頭を下げ悔しさをかみしめた。

 攻撃では2安打1打点の活躍。1点リードの四回2死二塁で、変化球を中堅左に運ぶ適時二塁打で突き放し、「うまく反応できた」。九回1死では内野安打を放ち、三塁に進んで望みをつないだ。守備でも七回無死二塁で、遊ゴロを冷静に三塁に送球して相手の反撃機を潰した。

 開会式では主将として選手宣誓の大役を果たした。前夜は宣誓と試合へのプレッシャーから普段の約半分の4時間しか眠れなかったという。それでも、大役を立派にこなすとうまく切り替え、試合に集中して臨んだ。「選手宣誓をして成長できたことで平常心でプレーできた」

 試合後、相手チームの校歌を聞いて涙があふれたが、「最高のゲームだった」。貴重な経験をした、長く、充実した一日だった。【佐野優】

関連記事

あわせて読みたい