メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・首長に聞く

清水敏男・いわき市長 まちづくりは市民と 国際会議で復興アピール /福島

昨年、7年ぶりに海開きをした薄磯海水浴場ではしゃぐフラガールたち=いわき市で

 --復興の進捗(しんちょく)は?

 8合目くらい。当初の復旧復興計画はおおむね順調に進み、土地区画整理事業は6月に全宅地の引き渡しが完了する。被災した沿岸部を見れば新たなまちづくりが進み、家が徐々に建ち始めているのを感じてもらえる。

 --引き渡した宅地に住宅を再建する人が少ない。

 各地区で策定した復興グランドデザインを具現化する必要がある。平豊間地区では、子育て世代に安く土地を貸し出し、移り住んでもらう先駆的な動きもあり、後押ししたい。道路網が飛躍的によくなるので、元とは異なる新しいまちをつくる観点で進める。

 --震災から時間が経過し、災害公営住宅の孤独死対策も重要になる。

この記事は有料記事です。

残り924文字(全文1214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです