メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

錦鯉全国若鯉品評会

祭典に2000匹 姫路で連続開催 /兵庫

大会総合優勝に輝いた中西忠司さん(左)と「大正三色」の錦鯉=兵庫県姫路市の大手前公園で、松田学撮影

 第35回錦鯉(ごい)全国若鯉品評会(全日本錦鯉振興会主催、県など後援)が24日、姫路市本町の大手前公園で始まった。同会が主催する3大品評会の一つで、飼育技術の交流と国際親善を目的として開いている。同市での開催は2年連続で、初日は世界中のオーナーが日本の業者に飼育を委託し出品した約2000匹を審査、…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです