メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌る?紀になる!

里親に社会の支援を 虐待、貧困の子 進まぬ委託 /和歌山

乳幼児の世話をするスタッフら=和歌山県岩出市中迫の和歌山乳児院で、稲生陽撮影

 虐待や貧困のため親元で暮らせない子供たちの育ての場を「施設」から「家庭」にシフトさせようとする国の取り組みが論議を呼んでいる。国は家庭的な養育環境が期待できる里親への委託率を昨年度末の18・3%から、未就学児で75%以上、就学児で50%以上に引き上げたい考えだが、里親の受け入れ態勢や実親の同意が壁となり、先行きは見通せていない。現場からは社会全体での協力を求める声も上がっている。【稲生陽】

 さまざまな理由で親と暮らせない子供を育てることは「社会的養護」と呼ばれ、乳児院・児童養護施設などで…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1134文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. アメリカンフットボール 悪質タックル 日大内部、沈黙破る 「失望」「内田派一掃を」
  5. 米朝首脳会談中止 トランプ氏から金正恩氏への書簡全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]