メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

福島・南相馬に書店を開く柳さん(その1) 「おらほの作家」に

 「タケ、あんた、チャーシューひと切れ食べる?」

 「うん、もらおうかな」

 作家の柳美里(ゆうみり)さん(49)が長男丈陽(たけはる)さん(18)にラーメンのどんぶりを差し出す。3月上旬の昼時。福島県南相馬市小高(おだか)区のJR小高駅に近い食堂は、作業服姿の男性客でにぎわっていた。

 小高区は事故を起こした東京電力福島第1原子力発電所から20キロ圏内。避難指示は2016年7月に解除された。だが、約1万2800人いた住民は2500人余りしか戻っていない。多くは高…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです