メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党

全国幹事長会議 地方、くすぶる不満 森友改ざん 首相、冒頭で陳謝

自民党全国幹事長会議の冒頭であいさつする安倍晋三首相(中央)。右端は岸田文雄政調会長、右から2人目は二階俊博幹事長、左端は竹下亘総務会長、左から2人目は高村正彦副総裁=東京都千代田区の同党本部で2018年3月24日午後5時4分、和田大典撮影

 自民党は24日、地方組織の幹部が集まる「青年部・青年局、女性局合同全国大会」と「全国幹事長会議」を党本部で開いた。二つの会合の冒頭で、安倍晋三首相(党総裁)が森友学園を巡る財務省の決裁文書改ざん問題について陳謝し、地方の不満に「先手」を打った。その後、会議で首相への不満が噴出する事態は避けられたが、統一地方選、参院選を来年に控えた地方にはなお不満がくすぶる。

 二つの会合で首相は硬い表情で「まず」と話し始めて改ざん問題を陳謝。幹事長会議では「大変ご心配をおか…

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1251文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山議員「女性いる店で飲ませろ」 北方領土訪問中、禁止されている外出を試みる
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 元島民ら丸山議員に反発「国会議員の態度じゃない」 コップで机をバンバン
  4. 大津園児死傷事故 逮捕当日釈放の62歳女性書類送検
  5. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです