メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ・ワイド

民法改正、変わる遺産相続=回答・鈴木一生

 政府は13日、亡くなった人(被相続人)の遺産分割(いさんぶんかつ)で、相続人の一人である配偶者(はいぐうしゃ)が住居や生活費を確保しやすくする民法の改正案を国会に提出しました。高齢化が進む中、残された配偶者の生活を安定させるのが狙いです。

 ◆なぜ配偶者を優遇するの?

「居住権」で老後の生活安定

 なるほドリ 相続の仕方が大きく変わる法律が国会で論議されると聞いたよ。

 記者 法務省が今国会に提出した民法改正案ですね。遺産分割で今よりも配偶者を優遇(ゆうぐう)すること…

この記事は有料記事です。

残り1832文字(全文2065文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです