メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外宍戸錠さん死去「エースのジョー」「渡り鳥」シリーズ
今週の本棚

鴻巣友季子・評 『雪の階』=奥泉光・著

 (中央公論新社・2592円)

風を孕み滑走する不揃いな結晶たち

 奥泉光の創作技法には毎作大きな驚きがあるが、『雪の階(きざはし)』の壮大な試みには度肝を抜かれた。作者はこの傑作において、最高度に洗練された小説文体のあり方を提示した。

 物語としては、二・二六事件前夜のオルタナティヴ・ファクト(あり得たかもしれない真相)が浮き彫りになる。男女の死の謎を解くミステリであり、二大戦間の政情を背景にした政治サスペンスであり、日本、ドイツ、ソ連をめぐるエスピオナージ(諜報(ちょうほう)もの)であり、史実をモデルにした歴史小説でもあり、そのうえ、胸キュンの恋愛小説でもある。

 而(しか)してその真の姿は? これらの小説スタイルの批評的擬態、はたまた、日本にもギリシャにもエジ…

この記事は有料記事です。

残り1195文字(全文1528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  5. 特集ワイド 政界異色対談/上 山崎拓氏×辻元清美氏 野党結集への秘策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです