メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

豚丼×天皇の料理番 皇居で学んだ「引き算」

イラスト 佐々木 悟郎

 背の高いコック帽をかぶりフライパンを手にした男性に参加者の視線が注がれていた。福島県のホテルで開かれたイベント。男性は宮内庁大膳課主厨長(しゅちゅうちょう)として「天皇の料理番」を務めた高橋恒雄さん(75)だ。作り始めたのは、国賓をもてなす宮中晩さん会で腕を振るい、手間ひまをかけた料理ではない。

 同じ分量のみりんとしょうゆ、砂糖を煮詰めるだけで完成したのは万能だれ。煮物、焼き物、炒め物、何にでも使えて常温で1年保存できる。地元産の豚肉を焼いて万能だれにからめ、盛ったご飯に乗せれば豚丼のできあがりだ。参加者から「こんなに簡単なの」と声が上がった。

 素材を生かしきるコツを伝えることも。「大根を食べきれずだめにしたことはありませんか。新鮮なうちに干せば保存が利き甘みも増します」

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文1005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです