メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんドクトルの人間学

進化する抗がん剤治療=山口建(県立静岡がんセンター総長)

 手術、放射線、抗がん剤はがん治療の3本柱です。このうち、手術と放射線は、一般に、がんが発生部位にとどまり、完治が望める場合に用いられています。一方、抗がん剤は、白血病や悪性リンパ腫など病変が全身に及ぶ病態や、がんが転移し全身治療が必要な場合の治療法とされてきました。

 近年、抗がん剤をはじめとするがんの薬物療法は大きな変貌を遂げています。

 まず、抗がん剤を投与する対象が広がりました。これまでは、手術や放射線治療後の再発患者に対し、完治よ…

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文1754文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ社長「容疑者と面識なし」「建物取り壊す」 過去の作画、資料ほぼ全て焼損
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 大雨警戒レベルを5段階に 危険度分かりやすく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです