メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ち遠しい

/58止 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

=画・赤井稚佳

前回までのあらすじ

 ゆかり宅での食事会。拓矢が妻の沙希を思いやっているのは彼の本心なのだろうと春子は感じる。ゆかりと人格の違いについて語り合ううちに、春子はゆかりや沙希はもちろん、親友の直美のことすらごく一面しか知らないのだと気付く。

待ち遠しい

 南に向いた縁側には陽光が差し、座っていると暑いくらいだった。青い空の高いところを小型の飛行機が飛んでいき、もっと低いところを鳥が横切っていった。裏手の家も今日は来客があるのか、開け放った窓から子供の甲高い声が聞こえた。

 沙希が、座椅子を持ってきて、春子とゆかりのうしろに腰を下ろした。しかし、二人に話しかけるわけではな…

この記事は有料記事です。

残り2688文字(全文2970文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです