山岳遭難

八ケ岳連峰阿弥陀岳で登山者7人滑落

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
八ケ岳連峰。左から硫黄岳、横岳、赤岳、阿弥陀岳。下は諏訪湖=長野県岡谷市で、武田博仁撮影
八ケ岳連峰。左から硫黄岳、横岳、赤岳、阿弥陀岳。下は諏訪湖=長野県岡谷市で、武田博仁撮影

 25日午前8時35分ごろ、長野県の八ケ岳連峰阿弥陀岳(2805メートル)の南稜付近で複数の登山者が滑落したと別の登山者から山梨県警を通じて長野県警に通報があった。県警茅野署によると、日本人の登山グループ7人がザイルにつながった状態で滑落。県警ヘリが1人を収容し、意識はあるという。

 同署によると、前列の3人が支点を作って…

この記事は有料記事です。

残り45文字(全文206文字)

あわせて読みたい

注目の特集