森友改ざん

財務省、近畿財務局に指示メール「国会対策」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
財務省近畿財務局が入る大阪合同庁舎第4号館=大阪市中央区で、菅知美撮影
財務省近畿財務局が入る大阪合同庁舎第4号館=大阪市中央区で、菅知美撮影

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却に関する決裁文書改ざん問題で、財務省が同省近畿財務局に改ざんを指示するメールを送っていたことが分かった。大阪地検特捜部はメールを入手し内容を精査している。複数の同省職員は、特捜部の任意の事情聴取に指示を認め、「国会対策のため」などと話しているという。特捜部は、改ざん当時に同省理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官についても27日の衆参両院での証人喚問以降に聴取時期を検討。刑事責任の追及が可能か慎重に判断するとみられる。

 捜査関係者によると、特捜部は昨年4月、近畿財務局職員らが国有地を不当に安く売却したとする背任容疑での告発を受理。財務局は当初、改ざん後の決裁文書を特捜部に提出していた。しかし、職員が任意で提出したパソコンなどを分析する中で、昨夏ごろにメールの存在を把握。削除されたデータを復元するデジタルフォレンジック(電子鑑識)などの手法で、改ざん前の文書も入手した。

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文858文字)

あわせて読みたい

注目の特集