茨城中3自殺

担任の女性教諭が保護者会を欠席

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 茨城県取手市で2015年11月、市立中学3年の中島菜保子さん(当時15歳)がいじめを苦にする書き込みを日記に残して自殺した問題で、市教育委員会は24日夜、同学年だった元生徒の保護者会を同市役所藤代庁舎で開いた。

 菜保子さんの両親のほか、元生徒や保護者ら約130人が参加。市教委側は矢作進教育長のほか当時の校長や教頭らが出席したが、担任の女性教諭は体調不良を理由に欠席。両親や一部保護者が「…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集