特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

選抜高校野球

25日見どころ もつれるか智弁・日大山形

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
第3試合で対戦する<上>智弁学園と<下>日大山形の選手たち=阪神甲子園球場で久保玲撮影 拡大
第3試合で対戦する<上>智弁学園と<下>日大山形の選手たち=阪神甲子園球場で久保玲撮影

(左が一塁側。数字は昨秋のチーム打率)

  ○…2回戦…○

 ▽第1試合(9時)

明徳義塾(高知)-中央学院(千葉)

四国優勝  関東優勝

.352  .305

 抜群の安定感を誇る明徳義塾の右横手・市川と、明治神宮大会で市川から本塁打を放った大谷ら中央学院打線との対決が焦点だ。競った展開になれば、試合巧者の明徳義塾に一日の長がある。中央学院は好機で一気に畳み掛けたい。

 ▽第2試合(11時半)

富山商(富山)-智弁和歌山(和歌山)

北信越4強  近畿準優勝

.294  .372

 智弁和歌山は昨夏の甲子園で本塁打を放った左の強打者・林ら中軸に迫力があり、得点力は高い。心配は大会直前に体調不良になった右腕・平田の状態。打力で劣る富山商は右腕・沢田が失点を最小限に食い止め、ロースコアに持ち込みたい。

 ▽第3試合(14時)

智弁学園(奈良)-日大山形(山形)

近畿8強  東北4強

.423  .272

 智弁学園は足を絡めた攻撃を仕掛け、丁寧に投げる左腕・伊原、球威のある右腕・川釣とタイプの異なる投手を擁する。日大山形は単打を重ねる攻めが特徴で、佐藤洸は力投型の右腕。どちらも粘り強いチームだけに終盤までもつれそう。

関連記事

あわせて読みたい