プロ野球

日本ハム 26日に本拠地移転先承認へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本ハム新球場候補地のきたひろしま総合運動公園周辺=本社機「希望」から竹内幹撮影
日本ハム新球場候補地のきたひろしま総合運動公園周辺=本社機「希望」から竹内幹撮影

 プロ野球の北海道日本ハムファイターズの本拠地移転構想で、親会社の日本ハム(大阪市)は26日に臨時取締役会を開き、北海道北広島市のきたひろしま総合運動公園を最終候補地として承認する見通しとなった。24日、関係者が「臨時取締役会で異論がなければ北広島に決まる」と話した。年内に事業計画などを作成し、その結果を基に新球場建設の可否を判断する。

 本拠地移転構想は、2023年に新球場の開業を目指すもので、球団が建設候補地として、北広島と札幌市南区の道立真駒内公園のいずれかで選定作業を行ってきた。当初から北広島市は札幌市に比べて協力的で、野球に関係する施設の土地の無償提供や、少なくとも10年間の固定資産税の免除、用地造成、道路の整備を受け持つ手厚い支援策を提示。日本ハム側は、これを評価しているという。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文541文字)

あわせて読みたい

ニュース特集