メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観動記

許されぬ愚行

 名王者の敗北がプロボクシングの健全化に一石を投じた。世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王座を12連続防衛した山中慎介(帝拳)が1日、返り咲きを目指した再戦に敗れ引退を表明した。体重超過で王座を剥奪されたルイス・ネリ(メキシコ)に厳罰を科す動きが広がっている。

 ネリは前日計量の2回目で1・3キロもオーバーした。WB…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです