メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

「増補忠臣蔵」「髪結新三」 小悪党さっそうと=評・小玉祥子

 鴈治郎、菊之助が、それぞれに代々が得意とした演目に初挑戦する。

 最初が「増補忠臣蔵」。「仮名手本忠臣蔵」の九段目「山科閑居」に至るまでの加古川本蔵家での出来事を描く「増補版」。

 塩冶判官の高師直への刃傷を本蔵(片岡亀蔵)が止めたことで主君の桃井若狭之助(鴈治郎)は、「へつらい武士」と汚名を着せられた。若狭之助の妹で、判官の弟の婚約者三千歳姫(梅枝)は本蔵の下屋敷に預けられ、また悪臣の井浪伴左衛門(橘太郎)は若狭之助毒殺をたくらんでいた。

 本心を隠して下屋敷に乗り込む若狭之助の腹芸が見どころ。優れた作とは言い難いが、鴈治郎の明るくおおら…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  5. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです