歌舞伎

「増補忠臣蔵」「髪結新三」 小悪党さっそうと=評・小玉祥子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鴈治郎、菊之助が、それぞれに代々が得意とした演目に初挑戦する。

 最初が「増補忠臣蔵」。「仮名手本忠臣蔵」の九段目「山科閑居」に至るまでの加古川本蔵家での出来事を描く「増補版」。

 塩冶判官の高師直への刃傷を本蔵(片岡亀蔵)が止めたことで主君の桃井若狭之助(鴈治郎)は、「へつらい武士」と汚名を着せられた。若狭之助の妹で、判官の弟の婚約者三千歳姫(梅枝)は本蔵の下屋敷に預けられ、また悪臣の井浪伴左衛門(橘太郎)は若狭之助毒殺をたくらんでいた。

 本心を隠して下屋敷に乗り込む若狭之助の腹芸が見どころ。優れた作とは言い難いが、鴈治郎の明るくおおらかな芸風が役に合う。亀蔵が死を覚悟しての忠義ぶりを明晰(めいせき)なセリフで聞かせた。橘太郎、梅枝がいい。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文622文字)

あわせて読みたい

注目の特集