メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

「増補忠臣蔵」「髪結新三」 小悪党さっそうと=評・小玉祥子

 鴈治郎、菊之助が、それぞれに代々が得意とした演目に初挑戦する。

 最初が「増補忠臣蔵」。「仮名手本忠臣蔵」の九段目「山科閑居」に至るまでの加古川本蔵家での出来事を描く「増補版」。

 塩冶判官の高師直への刃傷を本蔵(片岡亀蔵)が止めたことで主君の桃井若狭之助(鴈治郎)は、「へつらい武士」と汚名を着せられた。若狭之助の妹で、判官の弟の婚約者三千歳姫(梅枝)は本蔵の下屋敷に預けられ、また悪臣の井浪伴左衛門(橘太郎)は若狭之助毒殺をたくらんでいた。

 本心を隠して下屋敷に乗り込む若狭之助の腹芸が見どころ。優れた作とは言い難いが、鴈治郎の明るくおおら…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文622文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  5. 藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです