メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

「増補忠臣蔵」「髪結新三」 小悪党さっそうと=評・小玉祥子

 鴈治郎、菊之助が、それぞれに代々が得意とした演目に初挑戦する。

 最初が「増補忠臣蔵」。「仮名手本忠臣蔵」の九段目「山科閑居」に至るまでの加古川本蔵家での出来事を描く「増補版」。

 塩冶判官の高師直への刃傷を本蔵(片岡亀蔵)が止めたことで主君の桃井若狭之助(鴈治郎)は、「へつらい武士」と汚名を着せられた。若狭之助の妹で、判官の弟の婚約者三千歳姫(梅枝)は本蔵の下屋敷に預けられ、また悪臣の井浪伴左衛門(橘太郎)は若狭之助毒殺をたくらんでいた。

 本心を隠して下屋敷に乗り込む若狭之助の腹芸が見どころ。優れた作とは言い難いが、鴈治郎の明るくおおら…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文622文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  2. WEB CARTOP 事故や事件を目撃! 緊急時でも走行中に110番通報するのは違反?
  3. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  4. 男子学生遺体 日立の河川敷に /茨城
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]