メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

魅・宝塚、たゆまぬ挑戦

「天は赤い河のほとり」「シトラスの風~Sunrise~」 宙組トップお披露目 真風涼帆

宙組「天は赤い河のほとり」より、新トップコンビの真風涼帆(右)と星風まどか=宝塚大劇場で、平川義之撮影

節目の年、さらに上を

 2006年の宙(そら)組公演で初舞台を踏んだ真風涼帆(まかぜすずほ)が12年の時を経て、宙組大劇場公演「天(そら)は赤い河のほとり」「シトラスの風~Sunrise~」でトップお披露目に臨んでいる。宙組は今年、創設から20年になる。「宙組で初舞台を踏んだ私が、トップの立場でこの節目の年を迎えることに不思議な縁を感じる」と感慨深げに語る。

 先月、大劇場であった宙組誕生20周年の記念イベントで、真風は歴代トップ7人と同じ舞台に立った。「み…

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文992文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです