メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

魅・宝塚、たゆまぬ挑戦

雪組スター・朝美絢 義経妖狐夢幻桜 翻弄と苦悩、想像超す芝居

「義経妖狐夢幻桜」で主演を務める雪組の朝美絢=兵庫県宝塚市で、加古信志撮影

 歴史上のヒーロー、源義経の葛藤を幻想的な世界観で描く雪組公演「義経妖狐夢幻桜(ようこむげんざくら)」が29日、宝塚バウホールで開幕する。今回がバウ単独初主演となる男役スターの朝美絢(あさみじゅん)は「さっそうとしたイメージが強いが、今回は周囲に翻弄(ほんろう)されて苦悩する義経が描かれる。みなさんの想像を超える芝居を見せたい」と意気込む。

 史実とは異なるオリジナル作品で、頼朝に追われて逃避行を続ける義経がキツネの導きで不思議な村に迷い込む物語。伝統的に日本物作品に定評のある雪組で、日本物の舞台ができることに気合が入っているという。「めっぽう強いところを見せたいので、立ち回りの所作を上級生に習いながら、筋トレに励んでいます」と笑顔で話す。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです