メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

魅・宝塚、たゆまぬ挑戦

雪組スター・朝美絢 義経妖狐夢幻桜 翻弄と苦悩、想像超す芝居

「義経妖狐夢幻桜」で主演を務める雪組の朝美絢=兵庫県宝塚市で、加古信志撮影

 歴史上のヒーロー、源義経の葛藤を幻想的な世界観で描く雪組公演「義経妖狐夢幻桜(ようこむげんざくら)」が29日、宝塚バウホールで開幕する。今回がバウ単独初主演となる男役スターの朝美絢(あさみじゅん)は「さっそうとしたイメージが強いが、今回は周囲に翻弄(ほんろう)されて苦悩する義経が描かれる。みなさんの想像を超える芝居を見せたい」と意気込む。

 史実とは異なるオリジナル作品で、頼朝に追われて逃避行を続ける義経がキツネの導きで不思議な村に迷い込…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文689文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです