メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

魅・宝塚、たゆまぬ挑戦

自分の個性を模索 宙組・鷹翔千空

宙組男役の鷹翔千空=兵庫県宝塚市で、田中博子撮影

 宙組「天は赤い河のほとり」新人公演(4月3日・宝塚大劇場)の主演は、入団4年目を迎える男役の鷹翔千空(たかとちあき)。「あこがれの人」という真風涼帆が演じる役で今回、初主演を射止めた。「こんなにも背中を追っていたいと思える上級生に出会えて幸せ」と話す。

 前回の大劇場公演「神々の土地」の新公も真風が演じた役を務めたが、シンプルなスーツ姿での芝居に今まで以上…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです