メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

魅・宝塚、たゆまぬ挑戦

自分の個性を模索 宙組・鷹翔千空

宙組男役の鷹翔千空=兵庫県宝塚市で、田中博子撮影

 宙組「天は赤い河のほとり」新人公演(4月3日・宝塚大劇場)の主演は、入団4年目を迎える男役の鷹翔千空(たかとちあき)。「あこがれの人」という真風涼帆が演じる役で今回、初主演を射止めた。「こんなにも背中を追っていたいと思える上級生に出会えて幸せ」と話す。

 前回の大劇場公演「神々の土地」の新公も真風が演じた役を務めたが、シンプルなスーツ姿での芝居に今まで以上…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  2. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  3. 宮内庁 週刊誌報道を否定 小室さん巡る皇后さま発言
  4. レゴランド 1日パスポート、東海在住者は35%引き
  5. セブン-イレブン 100円ビール発売中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]