特集

第94回センバツ高校野球

2022年に開催される第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会もライブ配信します。

特集一覧

つなぐ

センバツ90 全力の姿に感動 タレント 磯山さやかさん(34)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <第90回記念選抜高校野球>

 中学生の時、昔から遊んでいた近所のお姉ちゃんが高校野球のマネジャーで、チームが甲子園に出場しました。その姿や野球漫画「タッチ」(あだち充さん作)のヒロイン・浅倉南ちゃんに憧れマネジャーになろうと思いました。野球部と決めていませんでしたが、友人の誘いもあり野球部に体験入部しました。

 「人の役に立ってすごい」「楽しそう」という憧れは体験入部で崩れました。高校球児の威勢に圧倒されて怖かったです。仕事も雑用ばかり。でも既に入部手続きが済んでいて、断れませんでした。

 怒られてばかりの厳しい生活でしたが、同期を3年間支えて、充実した野球生活を送ろうと決意しました。2年から芸能活動を始めると、監督に部活をやめるよう言われましたが、「やり遂げたい」という気持ちが強く、監督にお願いして続けさせてもらいました。

 最後の大会は試合に行けず、観戦する母から電話で状況を聞き仕事現場で泣きました。一昨年、久しぶりに部活の先輩や同期に会いました。思い出話は絶えず、会えてとてもうれしかった。高校野球を共にした仲間や、この3年間は財産です。

 高校野球の魅力は観戦して胸を熱くできるところです。チーム一丸となって全力を注ぐ姿に「頑張って」と思わずエールを送ってしまう。親心のような気持ちで見ています。

 特に試合開始の時は興奮します。ベンチ前から一斉に選手が駆け寄り、ピシッと整列して大声で一礼する。鳥肌が立ちます。スポーツ精神や厳しい練習で培ったチームワークが見えるからです。ベンチで一生懸命声を出す姿もチームプレーが実感できて感動的です。

 選抜は、新チームが秋や冬のつらい練習を乗り越え初めて甲子園に出るのでワクワクします。21世紀枠など夏と違う顔ぶれの対戦も楽しみです。選手、マネジャーだけでなく、応援団、吹奏楽部、保護者もみんな努力して甲子園の夢が実現したと思います。最後まで全力でプレー、応援してほしいと思います。【聞き手・宮本翔平】=随時掲載


 ■人物略歴

いそやま・さやか

 茨城県出身。県立鉾田第二高校野球部でマネジャーを務める。高校2年でオーディションを受けたのを機に芸能活動を開始。テレビ、写真集、舞台などで活躍している。趣味はスポーツ観戦など。

関連記事

あわせて読みたい