特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

鍛える力、2人分 亡き息子と日本一に 花巻東・鎌田コーチ(65)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大学入学に合わせて一人息子の俊哉さんに贈ったグラブを見ながら思い出を振り返る鎌田茂さん=岩手県花巻市の花巻東高で、三瓶杜萌撮影 拡大
大学入学に合わせて一人息子の俊哉さんに贈ったグラブを見ながら思い出を振り返る鎌田茂さん=岩手県花巻市の花巻東高で、三瓶杜萌撮影

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

 

 センバツ第4日の26日、第3試合に登場する花巻東(岩手)のヘッドコーチ、鎌田茂さん(65)は部室にある一人息子・俊哉さん(享年26)の写真が宝物だ。父の背中を追って同校コーチとなり、2005年夏に甲子園に出場する際、メンバーで一緒に撮った。それから1年足らずの06年5月、急性白血病で世を去った。鎌田さんは在りし日の姿を思い出し切なくなるが、「あいつの分まで頑張る」と指導に打ち込む。

 声を張り上げ、外野にノックを放つ俊哉さんは生き生きとしていた。05年夏、甲子園で行われた開幕前の練習。俊哉さんは、鎌田さんと同じく花巻東を卒業し、大学進学直後に急性白血病と診断された。治療と再発を繰り返しながら6年かけて卒業。「いつか母校で一緒にコーチをする」という言葉通り、戻ってきたばかりだった。晴れ姿を見た鎌田さんは「涙がこぼれそうになった」という。

 だが、親子で指導できる時間は長く続かなかった。甲子園練習から半年ほどたち、俊哉さんは再び病に倒れた。病床で「あの選手はどうしているかな」としきりに尋ね、再び合流できると信じ続けたが、06年5月、帰らぬ人になった。

 「死んだ者は帰って来ない」。鎌田さんは自らにそう言い聞かせても思い出してしまう。大きな大会が近づくと、俊哉さんが夢に出てくる。「おい、一人だと大変なんだ。手伝ってくれよ」と声をかけたところで目が覚め、現実に引き戻される。そのたびに、あいつは今も大好きな母校のチームを見守っているんだ、と思うようにしてきた。

 俊哉さんは一度目標を決めれば、途中で諦めることは絶対にしなかった。「あいつの分までやって『日本一になったぞ!』と報告しなきゃな」。26日に東邦(愛知)との初戦に臨むナインの姿を、この甲子園の空から見守ってほしい--。鎌田さんは願っている。【三瓶杜萌】

関連記事

あわせて読みたい