特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

逆襲の花巻東

’18センバツ きょう初戦 西武・菊池投手が器具寄付 トレーニング効果的に /岩手

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
菊池雄星選手から贈られたトレーニングマシン「キネシス」でトレーニングに励む花巻東の選手ら 拡大
菊池雄星選手から贈られたトレーニングマシン「キネシス」でトレーニングに励む花巻東の選手ら

 <第90回記念選抜高校野球>

 第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)第4日の26日、花巻東は第3試合で東邦(愛知)との初戦に臨む。初出場した2009年のセンバツで準優勝に貢献した菊池雄星投手(現西武)は、全身を効果的に鍛えられるトレーニング器具をチームに寄付し、選手たちの体の機能強化をサポートしてきた。甲子園での後輩たちの活躍に期待している。

 花巻東野球部のトレーニングルームには、重りの付いたケーブルを水平方向や垂直方向に引っ張って瞬間的な力の伝え方を身につける器具が4台置かれている。菊池投手が同期の川村悠真コーチから「上半身と下半身を連動させるのが下手な選手が多い」と相談を受け、2年前に贈った。器具はタイミングよく力を伝えないとケーブルがたわむ仕組みになっており、打撃陣にも投手陣にも活用されている。

 トレーニング担当の松田優作コーチは「全身に常に力が入ってプレーが硬かった選手が、徐々に動きがよくなってきた」と効果を実感する。この器具をよく利用している近江辰也さん(3年)は「手の力だけで投げがちだったが、使い始めて約2カ月でフォームが自然と変わってきた。下半身も使って瞬時に力を入れられるようになった」と語る。

 チームは偉大な先輩からの後押しを受け、3度目のセンバツに挑む。【三瓶杜萌】

関連記事

あわせて読みたい