特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

日大山形、一歩及ばず 互角の戦いに拍手 両監督・主将の話 /山形

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

八回が悔やまれる 日大山形・荒木準也監督

 中盤まではゲームメークできたが、相手打線が粘り強く、打たれてしまった。八回のチャンスで一気に点を取れなかったことが悔やまれる。夏に向けて打ち勝てるチームにしていきたい。

明るく全員プレー 日大山形・斎藤史弥主将

 リードはされてもチーム全員が明るく、向かっていく気持ちでプレーできた。智弁学園はしぶといチームだった。1球に懸ける思いを大切に練習に励み、甲子園に帰ってきたい。

練習の成果出た 智弁学園・小坂将商監督

 今冬は打撃を課題に練習してきた。今日はよく打って、その成果を見せてくれた。また、今日はいろいろな点の取り方ができた。攻撃の引き出しが増えたのは、今後に向けて大きな成果だ。

打線つながった 智弁学園・小口仁太郎主将

 後半から1本ずつ1点ずつを意識し打線がつながった。左向選手の打撃や守備で流れが来て、川釣投手もきっちり投げた。2回戦の壁の突破が目標だったので、次戦も勝てるよう頑張る。

関連記事

あわせて読みたい