特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

STRONG

’18センバツ東邦 「いつも通りに仕上げ」 打撃や守備最終確認 きょう初戦 /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
初戦に向け、打撃練習に励む選手ら=兵庫県西宮市の鳴尾浜臨海公園野球場で 拡大
初戦に向け、打撃練習に励む選手ら=兵庫県西宮市の鳴尾浜臨海公園野球場で

 <第90回記念選抜高校野球>

 第90回センバツ大会に出場する東邦は、26日の花巻東(岩手)との初戦を前に25日、兵庫県西宮市の鳴尾浜臨海公園野球場で練習し、打撃や守備の内容を最終確認した。

 「できるだけいつも通りのメニューで仕上げていく」と、選手らはシートバッティングやピッチングマシンを使っての打撃練習で調整に励んだ。4番石川昂弥選手(2年)や3番洞田大翔選手(3年)らは本塁打級の当たりも出した。

 森田泰弘監督は「チームの状態は十分良い。特に何も心配はない」と自信を見せる。扇谷莉(同)、西有喜(同)の2人の投手は共に調子が上がっており、「どちらが先発するかは、当日朝の2人の表情を見て決めようと思う」と話した。

 チームの先頭打者となる1番熊田任洋選手(2年)は「バットを振るタイミングが遅れ気味だったので、修正している。今は緊張と楽しみが半々くらいだが不安はない。明日は無心で試合に臨む」と力を込めた。【横田伸治】

関連記事

あわせて読みたい