メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京は水もの

えにし訪ね、ぶらり探訪/56 呂川と律川 仏の腕に抱かれた声明の里 /京都

 比叡山で修行を積んだ平安時代の僧侶、良忍(1072~1132年)は23歳のころ、洛北・大原の里に隠せいし、念仏三昧の生活を送った。類いまれな美声の持ち主といわれ、ひとたび「声明(しょうみょう)」を唱えると魚や鳥も聴き入り、滝の音までがかき消えた--と伝わる。その「音無(おとなし)の滝」が三千院(京都市左京区大原)から山道を15分ほど歩いた沢筋に残り、今も清冽(せいれつ)な水しぶきをあげている。

 声明は独特の節回しで経典を読む仏教音楽で、古代インドに源流を持つ。日本では大きく「天台声明」と「真…

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1380文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです