メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外埼玉・朝霞 少女監禁事件控訴審 寺内樺風被告に懲役12年
余録

どう教え、どう成績をつけたらいいか…

 どう教え、どう成績をつけたらいいか、いまだに迷っている先生も多いのではないか。道徳が4月から小学校で正式教科になる。安倍政権が熱心に進めてきた「教育改革」の一環である。だが、もっと難しいのは政治家への道徳教育かもしれない▲森友学園への国有地売却の決裁文書が改ざんされた問題で、自民党には、あす証人喚問が予定される佐川宣寿(さがわ・のぶひさ)前国税庁長官に責任を押しつけようとする動きが目立つ。批判の矛先を財務省ばかりに向け「佐川事件」と名付けたり、省幹部を侮辱する質問をしたりする議員にはあきれるしかない▲道徳といえば論語だ。「君子は諸(こ)れを己(おのれ)に求む。小人(しょうじん)は諸れを人に求む」。君子は何事も自分に責任を課すが、小人は責任を人のせいにする。政界に君子はなかなか見当たらない▲自民党文教族議員2人の指摘を受け、中学校の授業内容に介入した文部科学省の官僚はどうか。名古屋市教育委員会に出したメールには「道徳教育を行う場」にふさわしくない人選をしたとでも言うような表現があった。では、これはふさわしい行為なのか▲「正直、誠実」「公正、公平、社会正義」「相互理解、寛容」……。小学校の学習指導要領は道徳で教える項目を列挙している。政治家や官僚に成績をつけたらどうなるだろう▲人のせいにしたり、偉い人の顔色ばかりうかがったりするのはやめましょう。おかしいことはおかしいとはっきり言える人になりましょう。せめて学校では、そんな道徳教育をしてほしい。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
    2. 空自のF2戦闘機が墜落 搭乗の2人は救助 山口県沖
    3. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
    4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 習志野市立習志野高校/3 高い目標へ、超一流の指導 谷沢健一さん /東京
    5. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです