メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

銃規制、若者が鼓舞 「学校守れ」教師も研究者も声

「学校に恐怖が占める場所はない」などの主張を掲げ、銃規制を訴える「私たちの命のための行進」参加者=米ワシントンで2018年3月24日、國枝すみれ撮影

 【ワシントン國枝すみれ】米国で若者が主導する銃規制運動が高まる中、学校での銃撃事件をどう防ぐかの議論も進む。惨劇をくり返さないようにと研究者らも声をあげ始めた。

 「私は教師。銃なんて持ちたくない」。公立校教師のジェシカ・コイルさん(48)は24日、「私たちの命のための行進」が行われた首都ワシントンで、沿道に設けられたメッセージボードに書き込んだ。銃撃犯に対抗するため、トランプ大統領が提案した教師の武装化に憤慨していた。

 専門家によると、訓練された警察官であっても狙い通りにターゲットを撃つことができるのは2割だ。銃の扱…

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1249文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  4. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです