メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

銃規制、若者が鼓舞 「学校守れ」教師も研究者も声

「学校に恐怖が占める場所はない」などの主張を掲げ、銃規制を訴える「私たちの命のための行進」参加者=米ワシントンで2018年3月24日、國枝すみれ撮影

 【ワシントン國枝すみれ】米国で若者が主導する銃規制運動が高まる中、学校での銃撃事件をどう防ぐかの議論も進む。惨劇をくり返さないようにと研究者らも声をあげ始めた。

 「私は教師。銃なんて持ちたくない」。公立校教師のジェシカ・コイルさん(48)は24日、「私たちの命のための行進」が行われた首都ワシントンで、沿道に設けられたメッセージボードに書き込んだ。銃撃犯に対抗するため、トランプ大統領が提案した教師の武装化に憤慨していた。

 専門家によると、訓練された警察官であっても狙い通りにターゲットを撃つことができるのは2割だ。銃の扱…

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 高校野球 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです