メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

文書改ざん、自民党大会を直撃 「総裁3選」に影 「ポスト安倍」様子見

自民党の2018年運動方針(骨子)

 25日の自民党大会の「陰の主役」は、学校法人「森友学園」に関する決裁文書改ざん問題だった。安倍晋三首相は「責任を痛感する」と陳謝し、政権の立て直しを誓ったが、今後の展開次第ではさらに苦しい状況が待ち受ける。宿願の憲法改正では他党との溝が広がるばかり。9月に予定される党総裁選で「3選」が確実視された首相の足元が揺らいでいる。【小田中大、高橋恵子、田中裕之】

 安倍首相は自民党総裁としての演説を、改ざん問題への陳謝から始めた。厳しい表情で「深くおわび申し上げ…

この記事は有料記事です。

残り1682文字(全文1911文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 丸山議員「女性いる店で飲ませろ」 北方領土訪問中、禁止されている外出を試みる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです