メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

桜の季節と日本人 地域が育て、めでてこそ 3代にわたる「桜守」 佐野藤右衛門氏

 今年も桜前線が日本列島を北上し始めた。すでに各地から満開の便りが届き始めている。別れと出会いの季節を彩る桜。その姿を長年、見守ってきた人がいる。京都で造園業を営み、祖父の代から3代続いて「桜守」と呼ばれる佐野藤右衛門さん(89)だ。今年の桜をどんな思いで見ているのだろうか。【聞き手・森忠彦】

--今年の桜の状態はいかがですか?

 京都では花の付き方が少ないですな。去年の夏が蒸し暑かったんと、春先が雨ばっかりやったからかねえ。つ…

この記事は有料記事です。

残り2834文字(全文3048文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. カジノ法成立 それどころでは…被災地では嘆きの声
  4. 質問なるほドリ 歌丸さん、どんな病気だった? 慢性閉塞性肺疾患 患者の9割喫煙者=回答・高野聡
  5. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]