メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

桜の季節と日本人 地域が育て、めでてこそ 3代にわたる「桜守」 佐野藤右衛門氏

 今年も桜前線が日本列島を北上し始めた。すでに各地から満開の便りが届き始めている。別れと出会いの季節を彩る桜。その姿を長年、見守ってきた人がいる。京都で造園業を営み、祖父の代から3代続いて「桜守」と呼ばれる佐野藤右衛門さん(89)だ。今年の桜をどんな思いで見ているのだろうか。【聞き手・森忠彦】

--今年の桜の状態はいかがですか?

 京都では花の付き方が少ないですな。去年の夏が蒸し暑かったんと、春先が雨ばっかりやったからかねえ。つ…

この記事は有料記事です。

残り2834文字(全文3048文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです