メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
VXの女たち・正男暗殺

法廷編 指示役の捜査、手抜かり

アイシャが逮捕直前まで働いていたクアラルンプールのマッサージ店。現在はオーナーが替わり、別の店になっている=2017年11月29日、平野光芳撮影

 昨年2月13日午前9時の事件後、被告のシティ・アイシャは現場の空港からタクシーでクアラルンプールのショッピングモールに移動し、リーバイスのジーンズを買った。その写真をフェイスブックに投稿し、午後4時ごろ職場と住まいのあるフラミンゴホテルに戻った。

 アイシャは事件を起こした後も、「いたずらビデオの撮影」がまたあると信じて疑わなかったようだ。友人には「明日も撮影があるの」と携帯でメッセージを送った。しかし「チャン」こと北朝鮮の指示役、ホン・ソンハクからは一向に連絡がなく、ア…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです