メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

高校で通級指導、社会性育成 試験導入 大阪府立柴島高

男子生徒と対人関係のトレーニングをする副島教諭=大阪市東淀川区の府立柴島高で

 <kyoiku no mado>

 発達障害などの生徒が通常学級に在籍しながら特性に応じて別室で一部の授業を受ける「通級指導」が、4月の新年度から公立高校でも始まる。導入から20年以上がたつ小中学校では指導を受ける児童・生徒が年々増え、高校でもその必要性が指摘されていた。ただ、指導方法はまだ手探りで、専門性の高い教員の確保も課題だ。【岡崎英遠】

この記事は有料記事です。

残り1952文字(全文2125文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです