メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開いた扉・旧優生保護法を問う

/1 被害者の叫び、記録発掘 排除に抗す、覚悟の提訴

 強制不妊手術を受けた宮城県の60代女性が、全国初の国家賠償請求訴訟を仙台地裁に起こすことにつながったのは、同県に保管されていた「優生手術台帳」の記録からだった。厚さ2センチのこの古い冊子は、女性が開示請求する4カ月前の2017年2月下旬、子育て支援課内で発見されていた。

 きっかけは、厚生労働省からの「調査要請」だった。

 発見数日前の同22日、日本弁護士連合会が、旧優生保護法(1948~96年)下で強制不妊手術を受けた…

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1468文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです