ワンセグ携帯

NHK逆転勝訴 義務認定3件目 東京高裁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
NHK放送センター=東京都渋谷区で、山本晋撮影
NHK放送センター=東京都渋谷区で、山本晋撮影

 テレビを視聴できるワンセグ機能付き携帯電話の所持者に、NHKと受信契約を結ぶ義務があるかが争われた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(深見敏正裁判長)は26日、1審・さいたま地裁判決(2016年8月)を取り消し、「契約義務がある」としてNHK側の逆転勝訴を言い渡した。同高裁では別の裁判長らも22日に契約義務を認める判決を2件出しており、控訴審ではいずれもNHKの勝訴となった。原告側は上告する方針。

 同種訴訟は全国で5件あり、1審でNHKが敗訴したのはさいたまの1件のみだった。放送法は、テレビなどの放送受信設備を「設置」した者はNHKと受信契約を結ばなければいけないと規定しており、ワンセグ携帯の所持が「設置」に当たるかが争点だった。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文592文字)

あわせて読みたい

注目の特集