メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア難民

留学生で来日 学び癒やす、戦禍の傷

大学の自習室で日本語を勉強するシリア人の男性。春休み期間中でも毎日のように学校へ通い勉強を続けている=兵庫県西宮市の関西学院大で、久保玲撮影

 内戦が続くシリアからの難民を、日本に留学生として受け入れる取り組みが始まっている。内戦に突入して今月で7年。約560万人が国外に避難しているなか、教育を受ける機会を奪われた人たちに学んでもらう試みだ。難民認定に厳しい日本での新たな支援の形が模索されている。

 「平和な日本で勉強ができて、とても幸運です」。関西学院大(兵庫県西宮市)で学ぶシリア人男性(31)は、経営学修士の取得を目指している。

 留学生の受け入れは2016年に政府が表明し、国際協力機構(JICA)が昨年から始めた。シリア隣国の…

この記事は有料記事です。

残り1298文字(全文1545文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長に逮捕状 詐欺容疑
  4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  5. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長逮捕 詐欺容疑で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]