メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党大会

安倍首相、9条改憲強調 森友問題は陳謝

演説冒頭で、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざんについて陳謝する安倍晋三首相=東京都港区で2018年3月25日午前11時11分、和田大典撮影

 自民党は25日、東京都内のホテルで第85回党大会を開いた。安倍晋三首相は演説で「憲法に自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打とうではないか」と訴え、憲法9条第1項(戦争放棄)と第2項(戦力不保持)を維持しつつ自衛隊の存在を明記する改憲に重ねて意欲を表明した。

 首相は「結党以来の課題である憲法改正に取り組むときが来た」と強調した。同党が改憲を目指す4項目のうち、緊急事態条項の創設▽参院選の「合区」解消▽教育充実--には具体的に触れず、自衛隊明記を最重視していることをうかがわせた。

 9月に予定される自民党総裁選に関しては、首相は演説で言及しなかった。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです