メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

アサド政権軍、反体制派の「東グータ」9割制圧

 【カイロ篠田航一】内戦が続くシリアのアサド政権軍は24日までに、反体制派が立てこもる首都ダマスカス近郊の東グータ地区の9割を制圧した。在英民間組織・シリア人権観測所が明らかにした。政権軍と交戦する反体制派のうち、武装組織「アフラル・シャム」など一部勢力は政権軍との交渉で「撤退」に合意し、22日に退避を開始。バスに分乗し、国内のもう一つの反体制派拠点である北西部イドリブ県に向かったという。

 政権軍はなお同地区に残る武装組織「イスラム軍」に撤退を呼びかけており、完全制圧を目指している。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  2. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  3. GoToトラベル、東京除外 都発着旅行や在住者 国交相、運用見直し表明

  4. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  5. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです