米国

銃規制、教師も研究者も 再発防止、高まる声

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米国の学校で発生した主な銃撃
米国の学校で発生した主な銃撃

 【ワシントン國枝すみれ】米国で若者が主導する銃規制運動が高まる中、学校での銃撃事件をどう防ぐかの議論も進む。惨劇をくり返さないようにと研究者らも声をあげ始めた。

 「私は教師。銃なんて持ちたくない」。公立校教師のジェシカ・コイルさん(48)は24日、「私たちの命のための行進」が行われた首都ワシントンで、沿道に設けられたメッセージボードに書き込んだ。銃撃犯に対抗するため、トランプ大統領が提案した教師の武装化に憤慨していた。

 専門家によると、訓練された警察官であっても狙い通りにターゲットを撃つことができるのは2割だ。銃の扱いに慣れない教師であれば誤って侵入者でなく生徒を撃つ恐れさえある。コイルさんは「学校に銃を持ち込めば、銃による死者が増えるだけ」と怒る。

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1251文字)

あわせて読みたい

注目の特集