大阪・空き家

庭のプランターから人骨か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 25日午前11時55分ごろ、大阪府岬町淡輪(たんのわ)の空き家の敷地内で、草刈りをしていた清掃会社員の男性が庭のプランター(幅約1メートル)から人の骨のようなものを発見し、空き家の所有者の親族を通じて府警泉南署に通報した。同署は人骨とみて、DNA鑑定や司法解剖で身元や死因の特定を急ぐ。

 同署によると、プランターの中には複数の…

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文307文字)

あわせて読みたい

注目の特集