メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

残っていた記録 人権侵害、明るみの一歩

60代女性に開示された手術記録の一部のコピー。手術理由に「遺伝性精薄(精神薄弱)」、手術方法に卵管を縛る「マドレーネル法」とある=宮城県内で2018年3月24日、遠藤大志撮影(画像の一部を加工しています)

 「あった。見つけた」。思わず声に出していた。

 2017年7月。仙台市の街並みが見渡せる宮城県庁7階、子育て支援課。相沢明子課長補佐は「優生手術台帳」と手書きされた厚さ2センチの古い冊子を手に、その名前を何度も確かめた。「記録のある人が現れたことで、(強制不妊手術という)事実の重みを感じた」瞬間だった。

 見つかったのは、旧優生保護法(1948~96年)下で強制された手術の記録の開示を求めた、宮城県内に…

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文1755文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  3. 白鵬が全勝優勝 最多更新の42回目 横綱対決制す
  4. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査
  5. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです