メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

琉球古典音楽の人間国宝、陛下の思い 歌い継ぐ

天皇、皇后両陛下の訪問を「歓迎したい」と話す照喜名朝一さん=那覇市で2018年3月6日、山田奈緒撮影

 天皇陛下は27~29日、皇后さまと共に沖縄県を訪問される。戦没者の慰霊を重ね、沖縄の歴史や文化に関心を寄せてきた陛下にとって11回目の沖縄訪問となる。来年の退位を前に、在位中は最後となる見込み。琉球古典音楽の人間国宝、照喜名朝一(てるきな・ちょういち)さん(85)は「温かい心を沖縄に向け続けていただいた。感謝の気持ちでお迎えしたい」と思いを語る。【山田奈緒】

 「私が沖縄の歴史と文化に関心を寄せているのも、(本土への)復帰に当たって沖縄の歴史と文化を理解し、県民と共有することが県民を迎える私どもの務めだと思ったから」。陛下は記者会見でこう語ったことがある。そして「沖縄の音楽を聞くことが非常に楽しくなりました」と続けた。

この記事は有料記事です。

残り1335文字(全文1648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです