特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

選抜高校野球

中央学院4番・高鹿が貴重な同点打

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【中央学院-明徳義塾】八回表中央学院1死満塁、高鹿が左前2点適時打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月25日、渡部直樹撮影 拡大
【中央学院-明徳義塾】八回表中央学院1死満塁、高鹿が左前2点適時打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月25日、渡部直樹撮影

 ○明徳義塾(高知)7-5中央学院(千葉)●

 中央学院は秋の公式戦無安打の4番・高鹿の初安打が貴重な同点打となった。

 秋は4番だったエース大谷がこの日は1番に回ったため、公式戦で初めて4番に。3打席目までは力み過ぎ、変化球にタイミングが合わずに空振りの3三振。開き直った八回1死満塁は初球を左前に運んで2点適時打とし、「役割を果たせた」。しかし、相手の4番・谷合が逆転サヨナラ本塁打。「悔しい気持ちでいっぱいだが、拍手を送りたい」とたたえた。

関連記事

あわせて読みたい